低用量ピルの仕組み | アフターピルなどの性に関する薬は通販でこっそり買おう!

アフターピルなどの性に関する薬は通販でこっそり買おう!

低用量ピルの仕組み

ヨガ

医薬品が体内でどう作用しているのか、気になったことはありませんか?
口から飲んで、胃に行ったはずの薬が頭痛を和らげる…よく考えたら不思議に思いませんか?
そのように、実は何気なく飲んでいる医薬品の仕組みをはっきりと知らないものはかなり多いのです。
低用量ピルもそうではないでしょうか。
避妊できるほどの効果を持っている医薬品なので、さぞ強い作用のある薬なのではないか、と思っている女性も少なくはないと思います。
しかし、もちろんそんなことはありません。
体に対して害のある物質を取り込んでいるわけではないので、ご安心ください。
低用量ピルに含まれている成分は、女性ホルモンを構成しているエストロゲンとプロゲステロンです。
女性ホルモンを大量に投与することで、妊娠していると脳に錯覚させるのです。
そうすることで、本来は来るはずの生理が来なくなります。
そして、低用量ピルの服用をストップすることで生理が来る、そういう仕組みなのです。
特別変なことが起こるわけではなく、生理を人工的に起こさせるのが低用量ピルの役目なのです。
しかも、ピルの中でも低用量ピルに含まれている女性ホルモンの量は少ないので、副作用も出にくいと言われています。
もちろん、きちんと避妊効果をもたらすだけの女性ホルモンは含まれているのでご安心ください。
低用量ピルって一体何なんだろう...その答えは女性ホルモンなのです。
なので、体内で何か変なことが起こることはもちろんありません。